Skip to content

どうして今、不動産担保ローンなのか

それでは、福岡を始めとして、今、どうして不動産担保ローンが盛んなのか、簡単に説明いたします。

まず、不動産担保ローンを扱う会社が増えた、というのがあります。

しかしこれはもちろん、それを必要とする方が増えた、という証明でもあります。

そして話をよりわかりやすくするために、一般的な消費者ローンと比べながら、メリットを整理していきたいと思います。

まず、最も大きな違いと言えば「融資金額が格段に高い」

ということでしょう。

これは、具体例を挙げます。

私が知っている限りでは、不動産担保ローンの場合、融資金額の最高限度は軽く二億円を超えます。

一般的な消費者ローンが百万から多くても三百万円が限度額だと考えると、この「二億」

という数字が、いかに圧倒的な数字かがお分かり頂けることと思います。

そもそも二億の融資額というのは、他と比べるまでもなく、ただ事ではありません。

「担保」

の名のつくものの中では、最高レベルの融資額ではないでしょうか。

そして、メリットは融資額だけではありません。

無担保のローンの場合と比べると、金利が低く済み、加えて、中長期に渡って借入が可能、というメリットもあります。

金利が低いというのと借入期間が長いというのは、最強の組み合わせですよね。

審査に時間がかかる、というのがほとんど唯一のデメリットですが、それも、厳正に審査してもらえると思えば納得できます。

不動産担保ローンはだから、生半可な気持ちでは借りられないものだと思います。

そして会社側も、しっかりと期日を守ることのできる、誠実な方との契約を望んでいるという感じがします。

その意味では格式が高い、と言えるかもしれません。

そもそも借入を返済できる収入を認められなければ、不動産担保ローンを取り扱うことはできませんからね。

また気持ち的にも、一般的な消費者ローンに比べて、不動産担保ローンはなんとなく安心できます。

良心的と言うか、お客様第一、という姿勢を感じるからでしょう。